技術英会話エッセイ: 元素記号の続きです。フッ素の英語名はなじみが薄いですね その2

 英語がお上手な人はパスしてくださいね。

続きです。ここでは,雑音を少なくするために個々の元素番号などは示しません。

【ホウ素】  ホウ素は日本語です。漢字では「硼素」で元素記号はBでしたね。BboronのBです。

【炭素】  Cです。化学でも,Cがたくさん出てきますし,カーボンもよく使います。Cの英語表記のcarbonはよく目にします。かなりなじみがありますね。「r」があります。

【窒素】  N 英語はあまり使いません。Nのnitrogenは頭にアクセントがあります。発音は/ナィトロジェン/です。
Liquid nitrogen boils at minus 196 centigrade. は覚えておいた方がいい温度ですね。

【酸素】  Oの英語のoxygenはあまり使わないかもしれません。これも頭にアクセントです。

【フッ素】  フッ素コーティング,歯に塗るフッ素。この英語のspellingがでてくるひとは偉いです。フッ素はFfluorineです。発音は/ローリン/です。「l」です。

【ネオン】  ネオンサインのネオンです。Neです。元素記号のNeを知っている人はあまり多くないと思います。さらにNeonのspellingはなじみがなく,発音は/ニーオン/です。へぇ~でしょ。

【ナトリウム】  Naは案外目にします。ではspellingは,sodiumです。えぇ~でしょ。知っている人は知っていることですけど。しっかり覚えましょうね。発音は/ソディウム/です。初めにアクセントがあります。ちなみに,ナトリウム (natrium)はドイツ語です。

【マグネシウム】  Mg マグネシウムは豪州では子供の足がつるときに病院で処方していました。日本ではマイルドな下剤ですね。マグネシウム単独で薬を日本では売っていませんが,豪州では小さな瓶から大きな瓶まで豊富です。豪州へ行ったときに必ず買ってきます。Mgはmagnesiumです。元素の単語名を書くときは,元素記号と違って,文のはじめでは大文字になりますが,文中では頭文字は小文字です。この点は知っておくといいですね。さて,私の発音は/マグニージャム/です。真ん中にアクセントです。

本日はここまでです。

ではでは。

企画担当 高橋達人 tatsu.english@gmail.com