横浜のバラ園と港を散策する(前編)

元町・中華街駅の改札を出てエレベータで屋上まで上がれば,そこは2012年開園のアメリカ山公園だ.公園にはバラが咲き乱れ,元町貝塚があったことを示す解説板も設置されている.その公園を通り抜け,外人墓地の脇の道を昇ると横浜地方気象台の隣に2014年開園のブラフ99ガーデンが見える.そこを左折してしばらく進むとバラ園と洋館のある港の見える丘公園に到着だ.2016年にリニューアルされたイングリッシュローズの庭とイギリス館(1937年に建設された英国総領事公邸),噴水広場の先には山手111番館(1926年に建設されたアメリカ人の住宅),そして少し下ればつるバラの咲く沈床花壇がある.

港の見える丘公園を中華街方向に下って愛の母子像,フランス領事館のあったフランス山,横浜ボウリング発祥の碑を巡り,その先の歩道橋(フランス橋)を渡って海側に左折すれば横浜人形の家の前を通って山下公園に至る.なお,外人墓地入り口の門柱にはトーマス・グレーの言葉が2か所刻まれている.左の柱の上部に和文,右柱の下部にその原文を見ることができる.

外人墓地入り口の門柱に刻まれた
トーマス・グレーの言葉
港の見える丘公園のバラ園
港の見える丘公園のイギリス館と庭園
港の見える丘公園の愛の母子像
山下公園のバラ園
山下公園のかもめの水兵さんの歌碑
山下公園の赤い靴はいてた女の子像
横浜中華街の朝陽門
横浜中華街の関帝廟
横浜中華街の媽祖廟

愛の母子像(山本正道作)は米軍のファントム偵察機が墜落した1977年9月27日の事故の犠牲となった母と幼い子二人のブロンズ像だ.青葉区荏田北の大入公園付近の住宅地に墜落し周辺の家屋20戸が炎上・全半壊の被害を受け,一般市民3名が死亡した(6名が負傷).この墜落事故で犠牲となった母子の碑は横須賀市(長沢)にもあるが,墜落現場には何もない.

山下公園の中心部には2016年にリニューアルされた未来のバラ園がある.バラ園の中には「かもめの水兵さん」の歌碑があり,海には氷川丸が停留し,大さん橋に向かう途中には「赤い靴はいてた女の子(山本正道作)」の像がある.山下公園中央口からホテルニューグランドの脇の道を進めば朝陽門があり,そこから先は横浜中華街だ.

後編に続く

文献
1. アメリカ山公園 https://www.seibu-la.co.jp/mt_america/
2. 港の見える丘公園 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/koen/koen/daihyoteki/kouen007.html
3. 横浜山手西洋館 https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/
4. 山下公園 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/midori-koen/koen/koen/daihyoteki/kouen008.html
5. 横浜中華街 牌楼(門)について https://www.chinatown.or.jp/guide/gates/
6. 関帝廟 https://yokohama-kanteibyo.com/
7. 媽祖廟 https://www.yokohama-masobyo.jp/

(岡田 明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 − five =